コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

ニュースレターに登録する

ニュースレターを購読すると顧客が受け取るものについて説明します。
It is believed to have been the home of a Kami named Hiryū Gongen, worshiped in Kumano Nachi Taisha, today part of the Kii Mountains’ sacred sites and pilgrimage routes. View of the Seiganto-ji Buddhist temple, with the Nachi waterfall in the background.

那智の滝

那智の滝は、日本の自然の驚異の一つであり、常設されている日本の素晴らしい滝です。高さ133メートルの滝は国内で最も高い滝の一つです。古代の崇拝の対象であるこの滝は、濃い緑色の植物の上に長く白いベールを形成し、氷のような水で身を清める修行者を魅了します。

熊野古道、熊野那智大社を経て山奥に到着するまでワクワクしながら歩き続けます。高度が上がると木々が開け、滝が見えてきます。水の反響が岩や木々に反射し、空中に広がります。滝を背景にした聖域の壁と三重塔は、忘れられない光景を作り上げています。一年中いつでも素晴らしい景色が広がり、最高の思い出を作るのに最適な環境となるでしょう。

ここは、飛龍権現という名の神の故郷であったと信じられており、現在では紀伊山地の聖地および巡礼路の一部となっている熊野那智大社で崇拝されています。那智の滝を背景に青岸渡寺を望む。滝の頂上には、熊野那智大社で崇められている、滝の守護者であり神社である前述の神様が住んでいたと考えられる 2 つの岩があります。しかし、それは慈悲が際限なく流れ出ることを表す滝の観音の現れであると考えられています。 19世紀後半の明治維新で破壊された仏教寺院もありました。毎朝、神職が滝に供物を捧げる神事が行われます。

1918年(大正7年)に滝壺の墳丘で発掘調査が行われ、像、鏡、仏具、経筒など多くの重要な考古遺物が発見され、龍宝殿(宝物室)に展示されています。三重塔の隣にあります。これらの塚は、戦時中の僧侶によって宝物を隠すために作られましたが、10 世紀初頭には世界の終わりが来ると信じて、多くの物品もそこに埋められました。